エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。

エクセルで合計を計算する

ここでは、セルに入力されている数値の合計を計算します。B2からE2の合計を計算したい場合、セル参照を並べて、「=B2+C2+D2+E2」と入力してもよいのですが、合計するセルが多いと手間がかかります。
そこで、「オートSUM」機能を使います。

オートSUMを使う

1.表のセルF4に合計を求めたいとします。
合計を求めたい

2.ツールバーの[オートSUM]ボタンをクリックします。
オートSUMボタンをクリック

3.自動的に範囲を指定してくれます。
自動的に範囲を指定

4.値を確定すると、「オートSUM」が機能してます。
オートSUMが機能する

5.また、フィルハンドルを使って、下方向へドラッグします。
フィルハンドルをドラッグ

6.それぞれ自動的に参照範囲が変化し、表示されます。
自動的に参照範囲が変化