エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。
HOMEエクセル入門・初級セルの表示形式 > 数値を3桁区切りで表示する

エクセルで数値を3桁区切りで表示する

シートに数値が並んでいるだけでは読みづらいので、数値を3桁区切りにしてみます。
数値を3桁区切りにするときは、ツールバーの[区切りスタイル]ボタンを使用します。また、数値に¥記号を付けるときは、[通貨スタイル]ボタンを使います。[通貨スタイル]ボタンをクリックすると、同時に3桁区切りも設定されます。
3桁区切りや「¥」を付ける形式のことを、セルの「表示形式」といいます。セルの表示形式は、セルの値とは別のデータとして扱われています。よって、表示形式を変更しても値は変わりません。

[区切りスタイル]を使う

1.まず、数値の入った表があります。
数値の表

2.3桁区切りにしたいセルをアクティブにし、ツールバーの桁区切りスタイルをクリックします。
3桁区切りにしたいセルをアクティブ

3.3桁区切りで表示されます。
3桁区切りで表示される

4.3桁区切りにしたいセル全体をアクティブにします。
3桁区切りにしたいセル全体をアクティブにする

5.アクティブにした箇所の全てが3桁区切りになるます。
全て3桁区切りになる

6.また、セルの書式設定からする場合は、
書式設定でする

7.アクティブにしたセルの上で右クリックし、セルの書式設定をクリックします。
アクティブセル上で右クリック

8.セルの書式設定ダイアログが開くので、
セルの書式設定ダイアログ

9.「分類」は「通貨」を選択し、「記号」は「なし」を選択し、「負の数の表示形式」は所定の箇所を選択します。そして、[OK]を押します。
セルの書式設定の使い方

10.そうすると、アクティブセルの数値が3桁区切りに表示されます。
3桁区切りに表示される