エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。
HOMEエクセル入門・初級セルの表示形式 > 文字を大きくする

文字を大きくする

エクセルでは文字の大きさを変更したり、太いサイズにすることができます。
文字の大きさのことを「フォントサイズ」または「文字サイズ」といいます。これらの設定は、画面表示だけでなく、印刷結果にも反映されます。
文字の大きさを変えるときは、[フォントサイズ]ボックスを使います。フォントサイズの単位は「ポイント」です。標準のフォントサイズは11ポイントに設定されています。
フォントサイズを変更するときはボックスの右横に表示されている下矢印マークをクリックし、一覧が表示されるので、そこから数値を選択してください。ボックスに直接数値を入力することもできます。

[フォントサイズ]を使う

1.A1の文字の大きさを変更します。
文字の大きさを変更する

2.ツールバーの[フォントサイズ]ボックスを使用します。
フォントサイズを変更する

3.ここで、「24」を選択してみます。
フォントサイズを選択する

4.文字の大きさが変更されました。
文字の大きさが変更される

5.また、セルの書式設定で設定する場合、右クリックでセルの書式設定を選択し、
セルの書式設定を選択

6.[フォント]タブを選択し、サイズの変更をします。
サイズの変更

7.サイズが変更されます。
サイズが変更される