エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。
HOMEエクセル入門・初級セルの表示形式 > 文字に色をつける

文字に色をつける

セルの背景に濃い色などを付けると、文字が読みにくくなります。そのようなときは、文字を薄い色変えるとよいでしょう。
エクセルでは、セルの背景色だけでなく、文字にも色を付けることができます。
文字に色を付けるときは、対象となるせるまたはセル範囲を選択したあと、ツールバーの[フォントの色]ボタンをクリックします。色を選びたいときは、ボタンの右にある下矢印ボタンをクリックしてください。また、設定した色を解除するときは、色の一覧で[自動]を選択します。
また、文字の色は文字ごとに設定できます。F2キーを押してセルを編集状態にした後、ドラッグして文字を選択し、[フォントの色]ボタンで色を付けてください。

[フォントの色]を使う

1.A1の文字の色を変えたいとします。
文字の色を変える

2.ツールバーの[フォントの色]ボタンで、好きな色を選択します。
文字色の選択

3.アクティブセルの文字色が変わります。
文字色が変わる