エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。
HOMEエクセル入門・初級セルの書式設定 > セルに長い文字列を表示する

セルに長い文字列を表示する

ここでは、セルの幅よりも長い文字列を入力すると、セルからはみ出して表示されます。しかし、右隣のセルが空白でないときは、はみ出た部分は表示されません。
長い文字列をセルの右端で折り返して、セルの中だけで表示する方法を紹介します。
長い文字列をセルの右端で折り返して表示するときは、[セルの書式設定]ダイアログボックスの[配置]タブで、[折り返して全体を表示する]にチェックをつけます。
この設定にすると、セルの幅よりも長い文字列は、同じセルの中で複数行になります。標準では、シート上の行の高さは13.5ポイントですが、折り返されると自動的に広がります。
しかし、手動で高さを変更している場合、折り返す設定にしても自動的には広がりません。

折り返しを設定する

1.セルB1に文字を入力します。
文字の入力

2.セルから文字がはみ出しました。
セルから文字がはみ出す

3.右クリックし、[セルの書式設定]をクリックします。
セルの書式設定をクリック

4.[配置]タブの[文字の制御]の[折り返して全体を表示する]にチェックをします。そして、[OK]をクリック
折り返して全体を表示するにチェック

5.そのセルの表示が折り返して、表示されるようになります。
折り返して表示する