エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。
HOMEエクセル入門・初級図形の利用 > 表に説明文を付ける

表に説明文を付ける

表に説明文をつけるときは、図形機能の1つである「テキストボックス」を使います。セルの大きさとは無関係に、文字数と行数を自由に設定できます。
また、自由な場所に配置できます。
テキストボックスは図形の一種ですが、通常の四角形と異なり、描画直後から内側に文章を入力できます。テキストボックスを作る時は、[図形描画]ツールバーの[テキストボックス]ボタンを使います。
テキストボックスの編集方法は、矢印などのオートシェイプと同じです。マウスポインタが変わる位置でクリックして選択すれば、[図形描画]ツールバーのボタンを使って、色を付けたり影を付けることが可能です。
また、テキストボックスに入力した文字列には、フォントやフォントサイズ、文字の色などを設定できます。

テキストボックスを使う

1.[テキストボックス]を使って、文字を挿入します。
テキストボックスを使う図形の挿入

2.[テキストボックス]をクリックしたら、挿入させたい場所にドラッグします。
挿入させたい箇所に挿入

3.[テキストボックス]が挿入されます。
テキストボックスの挿入

4.[テキストボックス]に文字を入力します。
文字の入力

5.入力し終わったら、サイズを調整します。
サイズの調整

6.場所を移動させます。
場所の移動

7.移動が終わり、[テキストボックス]の挿入されます。
テキストボックスの挿入