エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。
HOMEエクセル入門・初級グラフの作り方 > シートにグラフを挿入する

シートにグラフを挿入する

エクセルでは、シート上の表を元にして、棒グラフや折れ線グラフといったグラフを作ることができます。ここでは、棒グラフを例にして、一般的なグラフの作り方を解説します。
ワークシート上の表からグラフを作るときは、まずグラフの元になるセル範囲を選択します。このとき、数値の部分だけでなく、行のタイトルと列のタイトルも含めて選択することが ポイントです。選択したタイトルは、グラフ上に自動的に配置されます。
セル範囲が選択できたら、[グラフウィザード]ボタンをクリックしてください。[グラフウィザード]ダイアログボックスが表示されるので、あとはグラフの種類などを、 画面の指示に従って順番に選ぶだけです。[完了]ボタンをクリックすると、グラフがシートに挿入されます。

グラフウィザードを起動する

1.棒グラフを挿入します。
棒グラフの挿入

2.グラフにするセル範囲を指定します。
セル範囲の指定

3.ツールバーの[グラフウィザード]をクリックします。
グラフウィザードをクリック

4.「グラフウィザード」ダイアログボックスが表示されるので、[グラフの種類]を選択し、[形式]も選択します。そして、[次へ]をクリックします。
グラフの設定

5.[行]になっていることを確認して、[次へ]をクリックします。
グラフの設定

6.タイトルや単位名などを付け、[次へ]をクリックします。
グラフの設定

7.[オブジェクト]が選択されているのを確認して、[完了]をクリックします。
完了をクリック

8.シートにグラフが挿入されます。挿入されたグラフは場所を移動させたり、サイズを変更したりできます。
グラフが挿入される