エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。
HOMEエクセル入門・初級グラフの作り方 > 数値軸の範囲を変える

数値軸の範囲を変える

棒グラフでは、棒の高さに大きな差がないと、数値の変化がわかりにくくなります。
値の違いを強調する方法は色々ありますが、ここでは、軸の最小値を変える方法で、グラフの変化を強調してみます。
数値軸の設定を変更するときは、[軸の書式設定]ダイアログボックスを使います。[数値軸]と表示される場所でクリックしたあと、[軸の書式設定]ボタンをクリックしてください。
軸の最小値は、[目盛]タブの[最小値]で設定します。ただし、ここで設定した最小値よりも小さい数値データがあると、その棒が表示されなくなるので注意しましょう。
最小値を自動的に設定したいときは、[最小値]の左端にあるチェックボックスにチェックをいれます。

目盛の設定をする

1.目盛の設定を変更します。
目盛の設定

2.「数値軸ラベル」の位置を移動します。
数値軸ラベルの移動

3.数値のところにマウスポインタを移動して、「数値軸」と表示されるところで、クリックします。
数値軸でクリック

4.グラフの端に■マークが表示されます。ツールバーの[軸の書式設定]をクリックします。
軸の書式設定をクリック

5.「軸の書式設定」ダイアログボックスが表示されるので、[目盛]を選択します。
目盛を選択

6.[最小値]の値を入力すると、自動的にチェックが外れます。そして、[OK]をクリックします。
最小値の値を入れ、OKをクリック

7.グラフの目盛の最小値が変更されました。
最小値が変更される