エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。
HOMEエクセル入門・初級グラフの作り方 > 背景に模様を付ける

背景に模様を付ける

グラフエリアやプロットエリアには、セルと同じように、背景色を付けることができます。セルの場合と違って、画像などで模様を付けることもできます。
ここでは、組み込みの模様でグラフの背景を塗りつぶしてみます。
背景に色を付けるときは、[グラフエリアの書式設定]または[プロットエリアの書式設定]ダイアログボックスを使います。グラフ要素をクリックしたあと、ツールバーの[書式設定]ボタンをクリックしてください。
単色で塗りつぶすときは、色の一覧から選びます。画像ファイルなどで模様を付けたいときは、色の一覧から選びます。画像ファイルなどで模様を付けたいときは、[塗りつぶしの効果]ボタンをクリックしてください。
また、塗りつぶしを[なし]に設定すると、グラフの背景が透けて見えるようになります。

グラフエリアの書式を設定する

1.マウスポインタを「グラフエリア」に合わせて、クリックします。
グラフエリアにマウスを合わせてクリック

2.グラフエリアに■マークが付いたら、[グラフエリアの書式設定]ボタンをクリックします。
グラフエリアの書式設定をクリック

3.「グラフエリアの書式設定」ダイアログボックスが表示されるので、[パターン]タブの[塗りつぶし効果]をクリックします。
塗りつぶし効果をクリック

4.「塗りつぶし効果」ダイアログボックスが表示されるので、[テクスチャ]タブを選択し、[テクスチャ]を選び、[OK]をクリックします。
テクスチャを選ぶ

5.そして、サンプルが反映されるので、[OK]をクリックします。
OKをクリック

6.グラフエリアの背景が変わります。
グラフエリアの背景が変更

7.また、「プロットエリア」にマウスを合わせて、クリックします。
プロットエリアをクリック

8.プロットエリアが選択されます。そして、[プロットエリアの書式設定]ボタンをクリックします。
プロットエリアの書式設定をクリック

9.「プロットエリアの書式設定」ダイアログボックスが表示されるので、[領域]を[なし]を選択し、[OK]をクリックします。
領域なしを選択し、OK

10.「プロットエリア」の背景も変わります。
プロットエリアの背景変更