エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。
HOMEエクセル入門・初級グラフの作り方 > 複合グラフにする

複合グラフにする

合計の系列は他の系列と性格が異なるので、グラフの種類を変えて、見やすくしてみましょう。
ここでは、一部の系列だけグラフの種類を変えて、複合グラフを作る方法について解説します。
グラフの種類を変えるときは、ツールバーの[グラフの種類]ボタンを使います。右端にある下矢印ボタンをクリックして一覧を開き、グラフの種類を選んでください。
サンプルを見ながら選びたい時は、[グラフ]メニューの[グラフの種類]を実行します。
すべての系列でグラフの種類を変えるときは、グラフエリアを先駆したあと、[グラフの種類]ボタンをクリックします。一部の系列だけを変えたいときは、目的のデータ系列を選択してください。

データ範囲を変更する

1.変えたい系列のグラフをクリックします。ツールバーの[グラフの種類]をクリックします。
変更したい系列をクリック

2.ここでは、[折れ線グラフ]を選択します。
折れ線グラフを選択

3.棒グラフが折れ線グラフに変更されました。なた、折れ線グラフをダブルクリックします。
棒グラフから折れ線グラフへ変更された

4.「データ系列の書式設定」ダイアログボックスが表示されるので、[パターン]タブで[線]や[マーカー]を設定します。
線やマーカーを選択する

5.[軸]タブをで、[第2軸]を選択し、[OK]をクリックします。
軸タブで第2軸を選ぶ

6.折れ線グラフの書式が変更されました。
折れ線グラフの設定

7.また、プロットエリアの範囲を変更して、見栄えをよくします。
プロットエリアの幅を変更