エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。
HOMEエクセル VBA > マクロの基礎:マクロの自動記録

マクロの基礎:マクロの自動記録

マクロを作成するには、マクロの自動記録機能を使用する方法と、VBAというプログラミング言語を使用する方法があります。 マクロの自動記録機能では、Excelで行う操作を自動的にマクロに変換することができますので、VBAの知識が無くてもマクロを作成することができます。 ここでは、マクロ記録機能を使ってマクロを作成するときの流れについて説明します。


自動記録を使ったマクロ作成の流れ

@記録の開始(マクロに変換する操作をこれから実行することをExcelに伝える)

A操作の実行(マクロ化する操作をExcelで実際に操作する)

B記録の終了(マクロに変換する操作が完了したことをExcelに伝える)

@記録の開始

マクロの記録を開始する前には、[マクロの記録]ダイアログボックスで、マクロ名、ショートカットキー、マクロの保存先、説明をあらかじめ指定します。

マクロの記録

[マクロ名]
マクロを識別するための名前を指定する。

[ショートカットキー]
マクロをショートカットキーから実行できるようにしたい場合は、ショートカットキー指定する。

[マクロの保存]
マクロの保存場所を指定する。

[説明]
マクロの説明を入力する。入力した内容はマクロの冒頭にコメントとして記述され、マクロの動作には影響しない。

マクロの保存先 用途
個人用マクロブック Excelを起動している間は常に実行できるようなマクロを作成したい場合は、個人用マクロブックにマクロを保存します。
新しいブック 新しくブックを作成し、そのブックにマクロを保存します。
作業中のブック 現在処理の対象となっているブックにマクロを保存します。

A操作の実行

マクロとして登録したい操作を、通常のExcelを操作するのと同じように実行します。 Excelで実行した操作内容は、自動的にVBAのプログラミング言語に変換されてマクロとして記録されます。

B記録の終了

マクロ化する操作が完了したら、[記録終了]ツールバーの[記録終了]ボタンをクリックして記録を終了します。 記録したマクロは、VBE(Visual Basic Editor)で確認・編集することができます。

マクロの記録の終了

[記録終了]ツールバーの[記録終了]ボタンをクリックして記録を終了する。


マクロを自動記録機能で作成するには

ここでは、ワークシートの特定箇所のデータを削除するマクロを、マクロの自動記録機能を使って作成します。 マクロを作成するときの流れに沿って、操作を行いましょう。

マクロの自動記録を開始する

マクロの記録を開始する前には、[マクロの記録]ダイアログボックスを表示して、マクロの名前やマクロの保存先などあらかじめ指定しなければならない項目を設定します。

マクロの自動記録

@[ツール]をクリック

A[マクロ]に合わせる

B[新しいマクロの記録]をクリック

[Visual Basic]ツールバーを使う
[Visual Basic]ツールバーには、マクロの作成や編集に関連するボタンが用意されています。 たとえば、[マクロの記録]ボタンをクリックすると、[マクロの記録]ダイアログボックスを表示できます。 [Visual Basic]ツールバーを表示するには、[表示]メニューから[ツールバー]→[Visual Basic]を選択します。

[Visual Basic]ツールバー
[マクロの記録]ボタン


[マクロの記録]ダイアログボックスが表示されるので、マクロの名前を入力します。ここでは、「削除」という名前をつけます。 また、[説明]の欄にはマクロの記録日時と操作しているユーザー名が自動的に入力されます。 マクロの保存先を設定し、[OK]をクリックし、マクロの記録が開始されます。

マクロの記録

C[削除]と入力

D[作業中のブック]を選択します

E[OK]をクリック

ポイント
マクロ名の先頭に数字は使えない
マクロ名の先頭の文字は、必ずアルファベットやひらがな、漢字などの文字を指定します。

マクロ名に使用できない記号
マクロ名に、@・?・!・#・$・&などの記号や、スペースは使用できません。

マクロ名の長さは半角255文字以内にする
マクロ名は、漢字やひらがななどの日本語も使えますが、全部で半角255文字以内にする必要があります。

マクロ名に使用できない単語もある
VBAですでに用途が決められている単語と同じ単語でマクロ名を付けることはできません。例えば「if」など。

大文字と小文字は区別されない
マクロ名をアルファベットで付ける場合、大文字と小文字は区別されません。 まったく同じ単語として認識されてしまうため、それぞれの名前を付けたマクロを同じモジュール内に作成することはできません。



マクロに記録する操作を実行する

マクロのきろくを開始すると[記録終了]ツールバーが表示されます。また、ステータスバーに、マクロの記録中であることを示すメッセージが表示されます。 また、ステータスバーが表示されている間は、Excelが行う操作がマクロとして記録されますので、記録したい操作を実行します。 ここでは、データを削除するセルを選択し、データを削除します。

[記録終了]ツールバーが表示されないときは
[記録終了]ツールバーが表示されない場合は、[表示]メニューの[ツールバー]から[記録終了]をクリックして表示させることができます。

マクロに記録する操作の実行

[記録終了]のツールバーが表示されていることを確認します。

操作する内容を確認しておく
マクロの記録を開始すると、以降の操作がすべて記録されます。 間違えた操作も記録してしまいますので、マクロ記録の前にあらかじめ記録したい操作を確認しておきます。


マクロに記録する操作を実行

@セルを選択

A[Delete]キーを押す



記録を終了する

操作が終了したら、マクロの記録を終了します。 記録を終了するのを忘れてしまうと、操作がそのまま記録され続けてしまうので注意しましょう。

マクロが記録する操作が済んだら記録を終了します。
マクロに記録を終了

@[記録終了]をクリック

マクロの記録が終了し、操作した内容がマクロとして登録されました。

記録を終了する捜査はマクロに記録されない
マクロ記録を終了する操作は、マクロには記録されません。マクロに記録されるのは、[マクロの記録]ダイアログボックスで[OK]ボタンをクリックしたあとから、記録終了するまでの間に行った操作です。