エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。
HOMEエクセル VBA > マクロの基礎:ボタンやメニューへのマクロの登録

マクロの基礎:マクロの登録方法

作成したマクロをメニューやボタンなどに登録しておけば、マクロを素早く実行できるようになります。 マクロは、ショートカットキー、メニュー、ツールバーのボタン、ワークシート上に配置したボタン、図形に登録することができます。

ショートカットキーに登録

ショートカットキーにマクロを登録するには、マクロ作成前に[マクロの記録]ダイアログボックスで指定する方法と、 マクロ作成後に[マクロオプション]ダイアログボックスで指定する方法があります。

マクロをショートカットキーに登録


ツールバーのボタンに登録

ツールバーのボタンにマクロを登録し、実行することができます。 ボタンのイメージを変更したり、編集したりすることもできます。 また、新規にツールバーを作成し、他の人にブックを配布する時にツールバーも同時に配布することができます。


メニューの項目に登録

ボタンと同様に、メニューにボタンを配置し、マクロを登録することで、決まったワークシートからマクロが実行できます。


ワークシート上に配置したボタンに登録

ワークシート上にボタンを配置し、マクロを登録することで、決まったワークシートからマクロが実行できます。

マクロをワークシート上に配置したボタンに登録


図形に登録

ワークシート上に描画した図形やクリップアートにマクロを登録することができます。

マクロを図形に登録



マクロをショートカットキーに登録するには

作成したマクロをショートカットキーに登録するには、[マクロ]ダイアログボックスの[オプション]ボタンをクリックして表示される[マクロオプション]ダイアログボックスで指定します。


マクロをショートカットキーに登録

@[ツール]メニューの[マクロ]→[マクロ]をクリック

Aショートカットキーに登録したいマクロをクリック

B[オプション]をクリック


マクロをショートカットキーに登録

C「m」と入力

D[OK]をクリック

E[マクロ]ダイアログボックスの右上にある[閉じる](×)をクリック


マクロに登録したショートカットキー([Ctrl]+[m]キー)を押すと、マクロが実行されます。


マクロにショートカットキーを登録する場合の注意点
マクロに登録したショートカットキーは、Excelに割り当てられている既存のショートカットよりも優先されます。

ショートカットキーに使用できるキー
マクロに登録できるショートカットキーは、[Ctrl]+ 半角アルファベットキー、または、[Ctrl]+[Shift]+ 半角アルファベットキーの組み合わせになります。 [Ctrl]と[Shift]と半角アルファベットの組み合わせで登録する場合は、[Shift]を押しながら、半角アルファベットキーを押します。


マクロをボタンに登録するには

マクロをツールバーのボタンに登録するには、[ユーザー設定]ダイアログボックスからボタンを追加し、ボタンにマクロを登録します。 ボタンは、既存または新しく作成したツールバーに追加することができ、マクロの機能に合わせてボタンのイメージを変更することが可能です。


新しく作成したツールバーにボタンを追加する

新しいツールバーの作成は[ユーザー設定]ダイアログボックスの[ツールバー]タブで行います。 また、作成したツールバーへのボタンの追加は、[コマンド]タブで行います。

新しく作成したツールバーにボタンを追加

@[ツール]メニューの[ユーザー設定]をクリック

A[ツールバー]タブをクリック

B[新規作成]をクリック


新しく作成したツールバーにボタンを追加

C新しく作成するツールバーの名前を入力し、[OK]をクリック

新しく作成したツールバーにボタンを追加

新しく作成したツールバーが表示されます。ツールバーはボタンがない状態で作成されます。



既存のツールバーに追加するには
既存のツールバーにボタンを追加するには、追加したいツールバーを表示します。 [ツールバー]タブで、既存のツールバーの一覧から、ボタンを追加したいツールバーをクリックし、チェックをつけて表示します。

作成したツールバーを削除するには
作成したツールバーを削除するには、[ツールバー]タブで作成したツールバーを選択し、[削除]ボタンクリックします。 このとき、ツールバー上に追加したボタンも削除されますが、ボタンに割り当てたマクロは削除されません。 また、組み込みツールバーは削除することができません。


新しく作成したツールバーにボタンを追加

D[コマンド]タブをクリック

E[分類]ボックスの[マクロ]をクリック

F[コマンド]ボックスの[ユーザー設定ボタン]をツールバーにドラッグ


ショートカットメニューで表示
[選択したボタンの編集]ボタンをクリックした時に表示されるメニューは、編集したいボタンを右クリックして表示することもできます。


新しく作成したツールバーにボタンを追加

追加したボタンに名前をつけます。

G[選択したボタンの編集]をクリック

H[名前]にボタンの名前を入力

I[選択したボタンの編集]→[マクロの登録]をクリック


ボタン名をポップアップで表示する
[名前]で指定したボタンの名前は、ボタンにマウスポインタを合わせたときにポップアップで表示されます。 ただし表示されるのは、[ユーザー設定]ダイアログボックスの[オプション]タブで、[ツールバーにボタン名を表示する]にチェックが付いているときだけです。


新しく作成したツールバーにボタンを追加

[マクロの登録]ダイアログボックスが表示されます。

Jボタンに登録したいマクロをクリック

K[OK]をクリック

L[ユーザー設定]ダイアログボックスの[閉じる]をクリック


新しく作成したツールバーにボタンを追加

ツールバーのボタンにマクロが登録され、ボタンをクリックすると、登録したマクロが実行されます。


ボタンを削除するには
追加したボタンを削除するには、[ユーザー設定]ダイアログボックスが表示されている状態で、ボタンをツールバーの外にドラッグします。 また、[ユーザー設定]ダイアログボックスが表示されていない状態でも、[Alt]キーを押しながらボタンをツールバーの外にドラッグして削除できます。

ボタンを削除



ボタンのイメージを変更する

追加したボタンのイメージは変更することができます。あらかじめ用意されているボタンイメージから任意のボタンイメージに変更することができます。


ツールバーが表示されていない場合は
ボタンのイメージを変更したいツールバーが表示されていない時は、[表示]メニューの[ツールバー]に合わせ、 ツールバーの一覧から表示したいツールバーをクリックします。


ボタンのイメージを変更するツールバーを表示しておきます。
[ユーザー設定]ダイアログボックスを表示

@[ツール]メニューの[ユーザー設定]をクリック

Aイメージを変更したいボタンをクリック

B[選択したボタンの編集]をクリック

C[ボタンイメージの変更]に合わせる

D表示された一覧から変更したいイメージをクリック

E[ユーザー設定]ダイアログボックスの[閉じる]をクリック


ボタンのイメージが変更されます。



他のボタンのイメージを利用する

ツールバーに追加したボタンのイメージには、ほかのボタンのイメージを利用することができます。 ツールバーのほかのボタンのイメージをコピーし、コピーしたイメージを貼り付けることで、既存のボタンのイメージを利用することができます。


ボタンのイメージを変更するツールバーを表示しておきます。

[ユーザー設定]ダイアログボックスを表示します。

ボタンのイメージをコピーします。

ボタンのイメージをコピー

@[ツール]メニューの[ユーザー設定]をクリック

Aイメージをコピーしたいボタンをクリック

B[選択したボタンの編集]をクリック

C[ボタンイメージのコピー]をクリック


イメージをコピーできないボタンもある
ボタンのイメージは、すべてのボタンでコピーできるわけではありません。ボタンの右側に下マークが付いているボタンのイメージはコピーすることができません。


ボタンのイメージを元に戻すには
変更したボタンのイメージを元に戻すには、[選択したボタンの編集]をクリックして、[ボタンイメージを元に戻す]をクリックします。


コピーしたイメージを貼り付けます。

ボタンのイメージを貼り付けたいボタンをクリック

Dコピーしたいイメージを貼り付けたいボタンをクリック


[ボタンイメージの貼り付け]をクリック

E[選択したボタンの編集]をクリック

F[ボタンイメージの貼り付け]をクリック

G[ユーザー設定]ダイアログボックスの[閉じる]をクリック


ボタンのイメージが貼り付けられました。



ボタンのイメージを編集する

ボタンの色を変更するなど、ボタンのイメージを編集するには、[ボタンエディタ]を使います。ボタンに登録したマクロの操作内容が分かるようなイメージに変更したい場合に利用すると便利です。


ボタンのイメージを編集するツールバーを表示しておきます。

[ユーザー設定]ダイアログボックスを表示します。

ボタンのイメージを編集する

@[ツール]メニューの[ユーザー設定]をクリック

Aイメージを編集したいボタンをクリック

B[選択したボタンの編集]をクリック

C[ボタンイメージの編集]をクリック


[ボタンエディタ]ダイアログボックスが表示されます。

ボタンエディタ

D[色の設定]で利用する色をクリック

E[図]のマス目をクリックして色を塗る


連続して色を付けるには
連続したマス目に色を付けたい場合は、色を選択した後、マス目上でドラッグします。

色を消去するには
マス目上でクリックするごとに、色の設定、消去を切り替えることができます。または、[色の設定]の[消去]をクリックして、色を消去したいマス目の上で、クリックまたはドラッグします。なお[色の設定]のカラーパレットの左上にある[白]は白色を設定しますが、[消去]は、色が透明になりボタンの地の色が表示されます。


ボタンの編集

Fボタンの編集が終わったら、[OK]をクリック

G[ユーザー設定]ダイアログボックスの[閉じる]をクリック


ボタンのイメージを編集できました。


[クリア]ボタンはイメージを一度に削除する
[ボタンエディタ]ダイアログボックスの[クリア]ボタンをクリックすると、編集中のボタンイメージがすべて削除されます。オリジナルのイメージを作成する時には便利ですが、部分的に削除したい場合はマス目上の色を1つずつ消去しましょう。


作成したツールバーをブックに添付する

作成したツールバーは、ブックとは別の場所に保存されます。マクロが登録されているブックと同時にツールバーも配布したい場合は、ツールバーをコピーしてブックに添付する必要があります。

作成したツールバーを添付したいブックを開いておきます。

[ユーザー設定]ダイアログボックスを表示します。

[ユーザー設定]ダイアログボックス

@[ツール]メニューの[ユーザー設定]をクリック

A[ツールバー]タブをクリック

B[添付]をクリック


[ブックへのツールバーの登録]ダイアログボックスが表示されます。

[ブックへのツールバーの登録]ダイアログボックスが表示



[ブックへのツールバーの登録]ダイアログボックスが表示

C[ユーザー設定のツールバー]で添付したいツールバーをクリック

D[コピー]をクリック

E[OK]をクリック

F[ユーザー設定]ダイアログボックスの[閉じる]をクリック


開いているブックにツールバーがコピーされました。

このブックを他の人に渡すと、渡した人のパソコンでも作成したツールバーが使えるようになります。


ツールバーが添付されたブックを受け取った場合
ツールバーが添付されたブックを受け取った場合は、そのブックを開くと自動的に添付されたツールバーが追加された状態で「.xlb」ファイルが作成されます。そのため、Excelを起動するといつでも添付されたツールバーを使用することができます。

ブックを閉じる時にツールバーも閉じる
ブックに添付したツールバーは、通常はマクロを保存しているブックで作業する時に使用します。ツールバーのボタンを割り当てたマクロが汎用的に利用できるものでない場合は、誤ってクリックしないようにブックを閉じる時にツールバーも閉じておきましょう。また、ブックを閉じる時に自動的にツールバーも閉じるには、「Workbook_Beforeclose」というイベントプロシージャでツールバーを非表示にするコードを記述することにより実現できます。



マクロをメニューの項目に登録するには

マクロをメニューに登録することができます。実際には、メニューの下の階層にあるメニュー項目にマクロを登録します。メニュー項目は一般にコマンドと呼ばれ、クリックすると登録されている機能が実行されます。また、メニューやメニュー項目にアクセスキーを設定すると、キーボードを使用して、メニューやメニュー項目の選択ができます。


メニューとメニュー項目を追加する

ここでは、新しく作成したツールバーに新規メニューを追加し、メニュー項目を追加してマクロを登録します。ボタンの追加と同様に、設定は[ユーザー設定]ダイアログボックスの[コマンド]タブで行います。


メニュー項目を追加するツールバーを表示しておきます。
[ユーザー設定]ダイアログボックスを表示します。


[ユーザー設定]

@[ツール]メニューの[ユーザー設定]をクリック

A[コマンド]タブをクリック

B[分類]ボックスから[新しいメニュー]をクリック

C[コマンド]ボックスから[新しいメニュー]をツールバー上にドラッグ


追加したメニューに名前をつけます。

[選択したボタンの編集]をクリック

D[選択したボタンの編集]をクリック

Eメニューに付ける名前を入力


メニューにメニュー項目を追加します。

[分類]ボックスで[マクロ]をクリック

F[分類]ボックスで[マクロ]をクリック

G[コマンド]ボックスから[ユーザー設定メニュー項目]を[表の編集]メニューの下にドラッグ


追加したメニュー項目に名前を付けます。

[選択したボタンの編集]をクリック

H[選択したボタンの編集]をクリック

I[名前]にメニュー項目の名前を入力

J[選択したボタンの編集]→[マクロの登録]をクリック


追加したメニュー項目にマクロを登録します。

[マクロの登録]ダイアログボックスが表示されます。

[マクロの登録]ダイアログボックスが表示

K追加したメニュー項目に登録したいマクロをクリック

L[OK]をクリック

M[ユーザー設定]ダイアログボックスの[閉じる]ボタンをクリック


ツールバーのメニュー項目にマクロが登録されました。
メニュー項目をクリックすると、登録したマクロが実行されます。

ツールバーのメニュー項目にマクロが登録

ボタンやメニュー項目にマクロを登録したときの注意点
ツールバーとマクロが保存されているブックは、別々のファイルとして保存されています。ツールバーに追加したボタンやメニュー項目には、マクロが保存されているブックの保存先が登録されています。そのため、ブックの保存先が移動したり、削除したりするとブックが開けないためエラーになります。


アクセスキーを設定する

メニューやメニュー項目には、アクセスキーを割り当てることができます。アクセスキーは、メニューやメニュー項目の名前の後ろに半角の「&(アンパサント)」と半角アルファベットを入力して設定します。例えば、「表編集(&U)」と入力すると、アクセスキーとして[Alt]+[U]が割り当てられ、メニューには、「表編集(U_)」のように表示されます。

アクセスキーを設定するツールバーを表示しておきます。
[ユーザー設定]ダイアログボックスを表示します。
ここでは、メニューにアクセスキー[Alt]+[U]、メニュー項目にアクセスキー[Alt]+[R]を設定します。

アクセスキー設定

@[ツール]メニューの[ユーザー設定]をクリック

A[コマンド]タブをクリック

Bアクセスキーを設定するメニューをクリック

C[選択したボタンの編集]をクリック

D[名前]の末尾に「(&U)」と入力


[ユーザー設定]でアクセスキー設定

Eメニューをクリック

Fアクセスキーを設定するメニュー項目をクリック

G[選択したボタンの編集]をクリック

H[名前]の末尾に「(&U)」と入力

I[ユーザー設定]ダイアログボックスの[閉じる]をクリック


メニューやメニュー項目にアクセスキーが設定されました


メニューやメニュー項目にアクセスキーが設定されました。

アクセスキーとは
アクセスキーとは、[Alt]キーとアルファベットを組み合わせて、キーボードでメニューやメニュー項目を選択するものです。例えば、[ファイル(F)]メニューの[新規作成(N)]を選択するときは、[Alt]キーを押しながら、[F]キー、[N]キーを順番に押すことにより、新規作成コマンドを実行することができます。


マクロをボタンに登録するには

ワークシート上に配置されたボタンにマクロを登録することもできます。ボタンをワークシートに配置するには、[フォーム]ツールバーの[ボタン]を使用します。


[フォーム]ツールバーを使って、マクロを登録するボタンを作成します。 マクロをボタンに登録

@[表示]メニューの[ツールバー]→[フォーム]をクリック

A[ボタン]をクリック

B作成するボタンの範囲をドラッグ


自動的に[マクロの登録]ダイアログボックスが表示されます。

ボタンに登録するマクロをクリック

Cボタンに登録するマクロをクリック

D[OK]をクリック


ボタンの名前を変更します。

ボタン上の文字をドラッグ

Eボタン上の文字をドラッグして選択

Fボタンに表示する文字を入力


ボタンの文字が確定します。

ボタンの文字が確定

H[閉じる]をクリック

[フォーム]ツールバーを閉じます。
ボタンにマクロの登録ができました。

マクロが実行される

ボタンにマウスポインタを合わせると形が変わり、クリックすると登録したマクロが実行されます。

ボタンを削除するには
ボタンを削除するには、[Ctrl]キーを押しながらボタンをクリックし、[Delete]キーを押します。

ワークシート上のボタンを印刷するには
ワークシート上のボタンは初期設定では印刷されません。通常、ボタンは印刷しないので問題ありませんが、ボタンも印刷したい場合は、ボタン上で右クリックし、ショートカットメニューから[コントロールの書式設定]をクリックし、表示されたダイアログボックスの[プロパティ]タブで[オブジェクトを印刷する]にチェックを付けます。


マクロを図形に登録するには

ワークシート上に描写された図形やクリップアートにマクロを登録すると、図形やクリップアートをボタンのように扱うことができます。マクロを登録した図形やクリップアートをクリックすると、マクロが実行されます。

メニューから[図形描写]ツールバーを表示するには
[表示]メニューの[ツールバー]→[図形描写]をクリックして[図形描写]ツールバーを表示することもできます。


[図形描写]ツールバーを使って、マクロを登録する図形を作成します。

[図形描写]をクリック

@[図形描写]をクリック

[図形描写]ツールバーが表示されます。

オートシェイプをクリック

A[図形描写]ツールバーの[オートシェイプ]→[基本図形]→[額縁]をクリック

ボタンの範囲をドラッグ

B作成するボタンの範囲をドラッグ


図形が作成できました。
作成した図形にマクロを登録します。

マクロの登録

C図形を右クリック

D[マクロの登録]をクリック


[マクロの登録]ダイアログボックスが表示されます。

ボタンに登録するマクロをクリック

Eボタンに登録するマクロをクリック

F[OK]をクリック


ボタンの選択が解除

Gワークシートのセルをクリック

ボタンの選択が解除され、図形にマクロを登録できました。
図形にマウスポインタを合わせると形が変わり、クリックすると登録したマクロが実行されます。

オートシェイプに文字を入力するには
オートシェイプを選択し、キーボードから文字を直接入力します。または、オートシェイプを右クリックし、ショートカットメニューの[テキストの追加]をクリックすると、カーソルが表示されて文字が入力できます。
図形を印刷しないようにするには
図形は、ボタンと違い、初期設定では印刷されます。マクロを登録した図形を印刷したくない場合は、図形を右クリックして、ショートカットメニューの[オートシェイプの書式設定]をクリックし、[オートシェイプの書式設定]ダイアログボックスの[プロパティ]タブで[オブジェクトを印刷する]のチェックを外します。
オートシェイプ内にカーソルが表示されているときは
オートシェイプ内に文字を入力した場合など、オートシェイプ内にカーソルが表示されている場合は、オートシェイプ内で右クリックして表示されたショートカットメニューから[マクロの登録]を選択することができません。この場合は、オートシェイプの境界線上で右クリックしてショートカットメニューから選択してください。
マクロを登録できる図形
マークシート上に追加できるすべてのオートシェイプ、ワードアート、クリップアートにマクロを登録することができますが、組織図と図表にはマクロを登録することはできません。