エクセルの関数・マクロ・VBAが無料で分かる。
HOMEエクセル VBA > 個人用マクロブック

マクロの基礎:個人用マクロブックとは

作成したマクロはブックに保存されるので、マクロを実行するときには、そのマクロを保存したブックを開いておく必要があります。そのため、頻繁に使うマクロでは、そのたびにブックを開かなければいけないので面倒です。 そこで、頻繁に使うマクロは、個人用マクロブックに保存しておきます。個人用マクロブックとは、マクロをまとめて管理するためのブックで、Excelを起動すると自動的に開くようになっています。 この個人用マクロブックは実際には「PERSONAL.xls」というファイルで、Excel使用中は常に開いており、保存されているマクロを使うことができます。 また、通常は「PERSONAL.xls」のシートは画面には表示されません。


個人用マクロブックにマクロを保存するには

個人用マクロブックにマクロを保存するには、[マクロの記録]ダイアログボックスの[マクロの保存先]で[個人用マクロブック]を選択します。個人用マクロブックがまだ作成されていない場合には「PERSONAL.xls」というブックが自動的に作成され、そこにマクロが記述されます。

マクロの保存先に注意
[マクロの保存先]を[個人用マクロブック]に変更すると、次に[マクロの記録]ダイアログボックスを表示したときも、保存先が[個人用マクロブック]のままになります。 うっかりしていると、[作業中のブック]に保存したいマクロを[個人用マクロブック]に保存してしまいます。マクロを記録する際には、 必ず[マクロの保存先]を確認するようにしましょう。


[マクロ]ダイアログボックスを表示して、新しく記録するマクロを個人用マクロブックに保存します。

個人用マクロブックに保存

@[ツール]メニューの[マクロ]→[新しいマクロの記録]をクリック

Aマクロ名を入力

B[マクロの保存先]の[個人用マクロブック]を選択

C[OK]をクリック


マクロの自動記録が開始されます。

Dマクロに記録する操作を実行

記録する操作が終わったら記録を終了し、[記録終了]ツールバーの[記録終了]をクリックします。

マクロの記録の終了

[記録終了]をクリック

マクロが個人用マクロブックに記録されました。

個人用マクロブックの保存
個人用マクロブックにマクロを作成した場合は、Excel終了時に、保存を確認するメッセージが表示されます。 個人用マクロブックに作成したマクロを保存するには、[はい]をクリックしてください。

ボタン 説明
はい 個人用マクロブックのマクロの変更を保存してExcelを終了します。
すべて変更 Excelで開いているすべてのブックの変更を保存してExcelを終了します。
いいえ 個人用マクロブックのマクロの変更を保存せずにExcelを終了します。
キャンセル Excelを終了せずに、ワークシートに戻ります。


個人用マクロブックを表示するには

個人用マクロブックは、通常は非表示になっているため、個人用マクロブックに保存されているマクロを編集するにはブックを非表示にする必要があります。 ブックを表示しておかないと、[マクロ]ダイアログボックスで編集したいマクロを選択し、[編集]ボタンをクリックしても編集することはできません。

注意表示

個人用マクロブックは非表示になっているため、マクロを編集しようとするとメッセージが注意表示されます。


非表示になっている個人用マクロブックを表示します。

ウィンドウの再表示

@[ウィンドウ]メニューの[再表示]をクリック

A「PERSONAL」をクリック

B[OK]をクリック 


「PERSONAL」ブックのウィンドウが表示

「PERSONAL」ブックのウィンドウが表示されました。

[マクロ]ダイアログボックスから個人用マクロブックに保存したマクロの編集ができるようになります。

個人用マクロブックを削除するには
個人用マクロブックが不要になった場合は、[XLSTART]フォルダにある[PERSONAL.xls]を削除します。
編集したら非表示にする
個人用マクロブックのマクロを編集したら、ほかのブックと間違えてワークシートで作業しないように必ず非表示に戻してください。 非表示にするには、PERSONAL.xlsをアクティブにして、[ウィンドウ]メニューの[表示しない]をクリックします。
ワークシートから非表示でもVBEからは編集できます
個人用マクロブックが非表示の場合には、[マクロ]ダイアログボックスからマクロを編集することはできませんが、VBEを使えば、VBE側からマクロを編集することができます。